包茎治療の前に、あなたの包茎の種類を知ろう。

包茎治療は包茎の種類によってさまざまです。包茎手術が必要かどうかクリニック(病院)で相談しましょう。
包茎手術[真性包茎・仮性包茎・カントン包茎]早期治療対策の包茎お悩み.com
包茎だからってずっと悩んでいませんか?包茎は今では専門クリニックで簡単に治療、手術ができます。
包茎手術クリニックを紹介いたします。恥ずかしいことではありません。安心して包茎手術を受けましょう。

 
包茎手術お悩みドッドコムのトップ|包茎の知識>包茎の種類

●包茎の種類

包茎には3種類のタイプがあります。

具体的に手術が必要な場合もあれば仮性の場合は放置している人も多くいます 。

具体的に下記のようになります。

仮性包茎

普段は亀頭が包皮に包まれています。勃起時などに一時的に亀頭が露出する状態です。

特に手で剥けば亀頭の露出が可能のため、仮性包茎の人は比較的多く、放置する人も多いです。

ただし性行為のときに痛み、敏感、また包皮の間が不潔な状態が続く場合は早期治療を心がけましょう。

真性包茎

真性包茎の場合は、包皮を剥くことができません。性行為も難しい状態です。

包皮が剥けないので手術が必要となります。

放っておくと、発育時の陰茎にはマイナスで性病などさまざまな病気の原因となります。

カントン包茎

カントン包茎は、真性包茎のように完全に剥けないということはなく

勃起には剥けたりします。亀頭よりも包皮の口が狭いため、亀頭を圧迫するような状態で

無理に剥けるというような感じです。そのため多少の痛みを伴ったりします。

真性包茎と同じく手術をすることをお勧めいたします。放っておいて得はありません。

●包茎の種類がわかったら

さて包茎の種類についてはだいたい自分がどんな包茎なのか分かったと思います。

包茎の治療、手術にはまずは治したいという勇気がいります。

後に病気になったり、性行為に臆病になることを思えば、少しぐらいの勇気ですみます。

まず不安な場合は、包茎専門クリニックなどでは無料相談などをやっています。

是非相談してみましょう。一般の泌尿器科などの病院は特に電話相談できない場合があります。

包茎専門クリニックに勇気をだして聞いてみましょう。

 



包茎に対する悩みや不安、手術の必要性など事前に確認できれば安心です。


症状や凡例に基づき、手術方法や費用を説明していただけるか判断しましょう。


術後はどうしても不安な気持ちです。サポート体制も確認しましょう。


ホームページなどに具体的な診療内容、実績など経験豊富なスタッフが揃っているか確認しましょう。
24時間メールサポートなども安心ですね。ホームページなどがない場合は、電話や一度お伺いをたてましょう。実際に病院にいくこともおすすめします。

安心の包茎手術専門クリニック-上野クリニック

猫ひろしおすすめ包茎クリニック-山の手形成クリニック




当サイト内の内容・無断転載については固くお断りします。
Copyright 2008包茎手術お悩みドットコム All rights reserved. 包茎手術とED治療
子宮や乳がん検診|
大型プランター・鉢カバー テラコッタ鉢 鉢カバー インテリア植木鉢 アイアン棚シェルフ インテリア天使置物 石造プランター花鉢
輸入プランター通販 噴水 ガーデンファニチャー パラソル 白家具 西洋甲冑 ガーデンオーナメント 石像 花台フラワースタンド